So-net無料ブログ作成
検索選択

大垣日大8点差を逆転し勝利!!今年の夏は劇的な試合が多い!? [スポーツ]

Sponsored Link

夏の全国高校野球8月12日の第4試合、大垣日大vs藤代の試合は
初回に失った8点を見事に逆転して、大垣日大が勝利しました。
初回といえども8点の差がつくと逆転どころか追いつくことも難しいと思われましたが、
終盤に一気にたたみかけて大逆転をしました。
大垣日大の選手達は1点ずつ取っていけば逆転できると、全く勝負をあきらめてなかったそうです。
最後まであきらめない姿勢が実を結ぶ結果となりましたね。


今年の高校野球は地方大会から劇的な試合が話題となっていました。
石川県大会決勝、星稜vs小松大谷の試合は9回表まで小松大谷が8点差をつけて勝っていましたが、
9回裏の星稜の攻撃で一挙9点を挙げ劇的な逆転サヨナラ勝ちをして甲子園行きを決めました。
星稜の選手たちもまた、9回裏の攻撃でも悲壮感は全く見えませんでした。
むしろ楽しんで打席に立っているようにも見えます。
そういう姿勢がリラックスした打席につながり結果にもつながったのだと思います。
逆に勝っている小松大谷の選手の表情には硬さが見えましたね…

星稜高校は甲子園でも静岡高校に5対4で逆転勝ちを収めています。

今年はプロ最注目右腕の済美高校の安楽君や、昨夏全国制覇を成し遂げた前橋育英で
優勝投手となった高橋光成君、昨春選抜の優勝投手の小島君などが地方大会で敗戦し、
見どころの少ない大会かと思われがちですが、野球は最後まで何が起こるかわからないという
ことを再認識させられるような熱い夏の戦いとなっています。
まだまだ大会は続くので、さらなる熱い戦いに注目していきたいです。

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。