So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ

広島土砂災害最新情報 現場生写真も公開 [ニュース]

広島大規模土砂災害が発生してから5日目となった24日も以前復旧復旧作業が続いていました。
しかし、予想以上の大量の土砂と不安定な天候のせいで度々作業の中断を余儀なくされ、復旧作業は思うように進んでいません。
土砂だけなく、倒された木などが邪魔をして重機が入れず、手作業での作業を強いられる箇所も多く、
それも作業が難航している原因となっています。
多くのボランティアの方に参加して頂いていますが、ボランティアの方が入れる区域も限られており、
前述しましたが天候の関係で2次災害の恐れがあり24日はボランティアセンターの活動を中止していました。

ボランティア活動の様子


そしてこちらは現場の生写真です。
s_2014-08-24 18.20.39.jpgs_2014-08-24 18.22.20.jpgs_2014-08-24 18.22.31.jpgs_2014-08-24 18.22.55.jpg

この現場は家などに被害はなく今も手つかずの状態です。
このような大量の土砂と木々が雪崩れこんでくると思うとゾッとします

そしてこの写真のような山に筋が入っている状態の箇所が何か所もあります。
s_2014-08-24 18.20.47.jpgs_2014-08-24 18.20.52.jpg

大きな被害のあった安佐南八木に比べればこの写真の箇所は小規模ではありますが、
簡単に家が飲み込まれ流されるということが容易に予想できます。

まだまだ、土砂の除去作業等が続いています。
大変恐縮ですが、復旧作業を手伝ってくれる方がいらっしゃいましたら、お手伝いいただければと思います。
ボランティア募集ページ→http://volunteerinfo.jp/info/6871
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

福岡も記録的豪雨 広島市に再び大雨警報 避難情報及びその他最新の天候情報は… [ニュース]

先日の広島安佐南区及び安佐北区の大雨と土砂災害に引き続き、
またもや大雨の情報が入っています。各地災害にご注意頂きたいです。
福岡では8月22日午前6時45分ごろに筑紫野市付近、太宰府市付近、那珂川町付近で、
1時間に約110ミリの記録的な大雨がありました。
その雨雲が中国地方に流れ、広島市でも警報が出ています。
雨雲の動きはこちら→http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140822-00000016-nnn-soci
ただでさえ地盤が緩んでおり、復旧作業と救助活動が続いている中で、
いったいどうなってしまうのか想像も着きません。被害が拡大しないことを心から祈ります。

そして被害を拡大させないために備えることも必要です。
こちらのページに避難情報が出ていますのでこまめにご確認ください。
避難情報はこちら→http://crisis.yahoo.co.jp/evacuation/

今後の予想ですが、西日本から北日本にかけて、
23日にかけて雷をともない激しい雨が降る所があり、
西日本では22日昼前、北日本では22日夜にかけて、
局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性が高いようです。
九州北部地方では、22日朝にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る見込みです。
23日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
北海道地方、九州北部地方150ミリ、東北地方100ミリの見込みとなっているようです。

とにかくことが起こってからでは遅いです!
土砂災害は特に大丈夫だろうという安易な判断が命取りになります。
起こってから逃げるということは不可能に近いです!
改めて避難情報をしっかりと確認し、早めの行動をとってください。
避難情報はこちら→http://crisis.yahoo.co.jp/evacuation/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

広島で土砂崩れ 死者32人に どうして土砂崩れが起こりやすいのか? [ニュース]

8月19日から20日にかけて広島では過去最大級の豪雨が続いていました。
その影響により、安佐南区山本から安佐北区の可部あたりにかけて甚大な被害の土砂崩れが起こりました。


今現在確認できているだけで死者が32人にものぼり、行方不明者も9名になっています。
死者の中には幼い子供も多く含まれており、胸が張り裂ける思いです。

なぜここまで大規模な災害となってしまったのでしょうか?
広島は土砂崩れ災害が最も多い地域と言われています。
その原因は、まさ土という特徴的な地質が関係しています。
広島市周辺は「広島花こう岩」という岩石で山地を覆われています。
その「広島花こう岩」が長い間雨風にされされるとまさ土という土に変化します。
まさ土は水を含むと非常にもろく、崩れやすい性質があります。
広島市周辺は人口増加により山を切り開いて山の斜面付近に新興住宅地が開発されたことも重なり、
土砂災害の被害が増加しているという恐ろしい現状があるようです。

私自身広島に住んでいながらこのような恐ろしい地域だとは恥ずかしながら知りませんでした。
自分自身が住んでいる地域の土地柄を把握し、しっかりと防災対策をしないといけないと感じました。
ただ土砂崩れは回避するのが難しいかとは思いますが…
今回の災害で避難勧告が遅れたという記事を見ましたが、災害対策も含めて
行政がしっかり対応してほしいところです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。